ホルモンバランスをサプリメントで整えるなら!チェストベリー配合サプリランキング☆

ホルモンバランスはサプリで整えよう☆

 

月経前症候群(PMS)のお薬には
「プレフェミン(ゼリア新薬)」や「命の母ホワイト(小林製薬)」
がありますが、どちらも薬なので副作用の心配があります。

 

太ったり、下痢したり、頭痛がしたり、吐き気がしたりする可能性があります。

 

プレフェミンの有効成分はチェストベリーで、そのチェストベリー配合のサプリをランキング形式でご紹介↓↓

 

健康食品なので、副作用の心配もなく安心して続けられます!

 

 

ルナベリーの特徴

OTC医薬品のプレフェミンと同量(40mg)のチェストベリーを配合しているのが最大の特徴です。

更に、ビタミンB群・カルシウム・マグネシウム・大豆イソフラボンを配合しており、PMS・更年期障害によるイライラ、生理不順やニキビなどの、ホルモンバランスの乱れが原因の症状を抑え、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

また、ルナベリーの主成分はハーブやオイルなどの天然成分がメインなので体に優しく長く飲み続けられます。

価格 単品購入4400円、定期コース初回(送料500円のみ)0円
評価 評価5
備考 チェストベリー40mg配合!120日間の全額返金保証付き
ルナベリーの総評

定期コースは初回は送料の500円で実質無料、2回目以降は3960円で、4回以上の継続が条件となっています。ただ、しっかりと効果を実感するには数ヵ月は必要なため、本気の人にはあまりデメリットではないかもしれません。

 
 

女性のミカタ(すこやか編)の特徴

女性のミカタは、ホルモンバランスを整えることにより、様々な効果を発揮する高機能サプリメントです。その効果の特徴によって「すこやか編」と「やすらぎ編」の2種類があり、主にPMS(月経前症候群)の、関節痛やむくみなどのカラダの症状への効果が「すこやか編」、不安やイライラといったココロの症状の悩みに特化した成分を配合しているのが「やすらぎ編」です。

「すこやか編」にチェストベリーが40mg配合されており、どちらか一つをお試しするなら、「すこやか編」がおすすめです。

価格 単品購入2180円、定期コース初回980円
評価 評価4
備考 チェストベリー40mg配合!GMP認定工場製造
女性のミカタ(すこやか編)の総評

定期コースは初回980円でお得で、2回目以降は1782円となります。ですが、継続購入の縛りはないので、初回でストップすることが可能!ホルモンバランスを整えるサプリメントを初めてお試しの方におすすめです。

 
 

白井田七の特徴

白井田七に含まれるサポニンは、血液中のホルモンバランスを整える働きがあります。また血液の循環もよくなるので、辛い冷えや肩こり、イライラやだるいなどのホルモンバランスの崩れによる不快な症状を改善する効果が期待できます。

サポニン(ジンセノサイド)の持つ特徴としては、中枢神経抑制作用・精神安定作用・副腎皮質ホルモン分泌促進・抗ストレス胃潰瘍などがあり不快な症状を緩和する働きを持っているのです。ほかにも田七人参には、アルギニンという成分も含まれており滋養強壮と婦人病にも効果があるといわれています。白井田七は完全無農薬で有機田七人参98%・有機玄米2%だけでできています。

価格 単品購入6480円、定期コース初回3980円
評価 評価4
備考 サポニン、フラボノイド、ギャバが女性特有の悩みに。
 
 

女性リズムを美ヂカラに「めぐルナ」

めぐルナの特徴

天然成分で作られており、副作用の心配がない安心できるサプリメントとして評判なのがめぐルナです。その特徴は月経前症候群に悩む女性に最適なチェストベリーを多く含んでいることが挙げられます。

このチェストベリーに含まれている精油、脂肪酸、イリドイド配糖体、フラボノイド、アルカロイドなどの成分は、ホルモンバランスを整える効果があります。
またニキビや肌荒れを改善してくれるなど、ホルモンバランスの乱れが原因となって引き起こされる症状を緩和してくれる効果が期待できます。

価格 定期コース初回980円
評価 評価4
備考
めぐルナの総評

定期コースは初回980円、2回目以降は3960円で、3回以上の継続が条件となっています。

 
 

マカ・プラセンタ

マカプラセンタの特徴

マカプラセンタのマカはミネラル繊維を多く含むなど滋養強壮の代名詞です。また精力増強を思い浮かべますがミネラル、ビタミン、アミノ酸等を含んだ植物の根で、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

一方プラセンタも、成長因子の働きにより細胞を活性化させる特徴から、様々な効果が期待できます。
例えば肌のアンチエイジングだけではなく、二日酔いの予防や疲労回復、血行促進、冷え性改善、肥満予防、ストレス解消に効果があるとされています。

価格 単品購入4400円、定期コース初回500円
評価 評価3
備考 マカとプラセンタのコンビでホルモンバランスを整える
 

ホルモンバランスはサプリで整えよう

ホルモンバランスとは、体内で分泌されるホルモンの量を調整することで、上手く調整できない状態が続くとイライラしたり、生理不順や体重の増加、吹き出物など体のあらゆる部分に悪影響を与えます。

 

女性ホルモンには大きく分けてエストロゲン、プロゲステロンの2種類があり、それぞれに影響を与える場所が違います。ホルモンバランスをサプリで調整することは重要ですが、現在出ている症状を確認し、どのホルモンに調整が必要なのかを把握しなければいけません。

 

ホルモンバランスを整えるサプリには、ホルモンが含まれているわけではなく、体がホルモンを分泌するのを促す、または抑える働きがあります。例えば大豆イソフラボンはエストロゲンに働きかけを行い、ホルモンバランスを整えます。プラセンタなどはプロゲステロンを含めた両方のホルモンバランスに効果を発揮します。

 

しかし、サプリメントを過剰摂取すると効果が出ないだけでなく、副作用を引き起こす恐れがあります。用法は必ず守って服用しましょう。

 

 

ホルモンバランスを整えるチェストベリーとは

チェストベリーはチェストツリーの果実であり、女性の悩みである生理前症候群(PMS)や月経不順などを改善する効果があるハーブとして知られています。

地中海沿岸や中央アジアに自生する植物で、古くから女性の生理痛の改善に用いられてきました。
なぜ、チェストベリーにこのような作用があるのかと言うと、これに含まれるエキスには女性のホルモンバランスを整える効果があるからです。

 

生理前症候群(PMS)や月経不順、酷い生理痛の原因は女性ホルモンのバランスが乱れることによります。
女性の体内には卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンがあります。通常は卵胞ホルモンの分泌量の方が多いのですが、生理2週間前から黄体ホルモンの分泌量が増えます。

 

しかしこの黄体ホルモンの分泌量が少ないと身体に様々な症状が出るのです。そしてチェストベリーのエキスには黄体ホルモンの分泌を促す効果があります。そのためホルモンバランスを整えることにより、黄体ホルモンの不足による生理諸症状を緩和することができるのです。

 

また、チェストベリーには脂肪酸やフラボノイド、アルカロイドという成分が含まれていますが、これらにもホルモンバランスを整える効果があります。

 

このようにチェストベリーとは女性のホルモンバランスを整える作用があるので、生理前症候群や月経不順など女性の悩みを改善することができる果実です。生理諸症状で悩んでいる方にはおすすめです。

 

 

チェストベリーの効果とは

チェストベリーはチェストツリーの果実からそう言われるもので、原産地は南ヨーロッパや中央アジアが主になります。歴史的には古くから特に女性への効果が注目されており、近年ではドイツを始め科学研究が進められています。

 

チェストベリーには女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの分泌を促す働きがあり、ドイツでは月経前症候群の治療薬として認可されています。つまり、ホルモンバランスを整えるということになります。
また、チェストベリーには脳内のドーパミンも作用するので、生理前のイライラや落ち込みを緩和させることもできます。

 

日本でも、チェストベリーを乾燥させたものを医薬品として取り扱うようになっていますが、心配な人はまずはハーブティーから始めるとよいでしょう。

ハーブティーであればいつも飲むお茶の代わりに口にすることができますので、親しみやすさがあるのと習慣にするのにはおすすめです。

 

また、サプリメントで摂取してみるのもいいでしょう。用量と用法を守った飲み方をし、普段健康な人であれば副作用はそれほど気にする必要はありませんが、たまにアレルギー症状が出る場合もあると言われています。
また、妊娠中や授乳中の人はホルモンが複雑に変化するので避けるかかかりつけの医師に相談するほうがいいでしょう。

 

チェストベリーはホルモンに強い作用、効果が期待できますので、婦人科系の病気を抱えている人は必ず医師に相談してください。基本的には、チェストベリーはPMSの心強い味方になってくれます。

 

 

チェストベリーに副作用はあるか?

チェストベリーとは、中央アジアおよび地中海原産の低木であるチェストツリーの果実です。比較的育てやすいハーブとされ、夏から秋にかけて青紫色の花を咲かせます。

 

チェストベリーは母乳の分泌の向上や月経痛や月経過多などのPMS症状、更年期障害などの婦人科系疾患に効果があり、ヨーロッパでは何千年も前から盛んに用いられてきました。また、経口避妊薬の服用を中断した際に服用することで気持ちを落ち着かせ、排卵を自然に回復させます。
チェストベリーはハーブティーとして飲用されていますが、その成分を抽出し、凝縮したサプリメントも多く販売されています。

 

チェストベリーには副作用は存在しないとされていますが、稀なケースとして、頭痛、吐き気、発疹やニキビ、月経以外での出血などがあります。

 

これはチェストベリーに女性ホルモンであるプロゲステロンと似た働きがあることが理由です。このことから、ピルを使用している人や乳がんや子宮内膜症の治療でホルモン療法を行っている人、授乳中の人は服用を控えましょう。

 

また、脳内のドーパミン系に作用を及ぼす可能性があり、抗精神病薬やパーキンソン病の治療薬など、ドーパミン関連薬を服用している人は悪影響を及ぼすことが考えられますので服用できません。

 

このような副作用の可能性はありますが、プロゲステロン不足を原因とする不妊にも効果がある可能性があり、様々な女性特有の体の問題を解決する治療法のひとつになっています。

 

 

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンバランスが乱れる原因はいくつかあります。まずは自律神経の乱れです。自律神経とは交感神経と副交感神経のふたつから成立している神経で、人間の意思が及ばない部分の体の働きを調節している神経です。

 

発汗、血液の流れ、栄養摂取や内臓の働きなどがその一例としては挙げられます。ですからこの自律神経が乱れると様々な不調が引き起こされやすくなります。

そして自律神経とホルモンバランスには深い関係があります。それは両者を司っている部位が同じ、大脳の視床下部だと言う点です。ですから自律神経のバランスが不調に陥ると、その影響を受けてホルモンバランスも崩れやすくなると言う具合です。

 

自律神経の不調が引き起こされる原因としては、強いストレスや睡眠時間が極端に短い、入眠時間がとても遅いと言った生活リズムの乱れが挙げられます。

 

また極端な温度変化にも弱いので、夏場などは室外と室内の温度差によって自律神経が崩れると言うことも少なくありません。ですからこの場合は、過度なストレスとは距離を置くこと、規則正しい生活習慣を心がけることが効果的です。
そして適度な運動習慣を持つことも効果的とされており、これはそのことで自律神経の働きを活性化させることが期待できるためです。
朝晩の軽いストレッチでも、十分に効果を期待することはできるとされています。

 

それから加齢も原因のひとつです。たとえば女性の場合、10代と40代以降はホルモンバランスは乱れやすくなります。10代の場合は初潮以降、月経を重ねていくことで少しずつ状況は改善されていくのが一般的です。
しかし40代以降の場合は、加齢により卵巣機能なども低下してくるので、よりその傾向は強くなります。そしてそれがいわゆる、心身において様々な不調を及ぼす更年期障害を引き起こす要因となります。

 

年齢によることなのである程度は仕方ないと言えるのですが、気をつけたいのは疾病が関係している場合もあると言う点です。疾病によって卵巣機能に支障が発生していたりして、それがホルモンに影響を及ぼしていたりすると、それは時には命にかかわることもあります。
ですからこの場合、単に加齢だからと決めつけてしまうのではなく、病院に相談することも必要です。

 

その上で疾病は関係していないと診断された場合には、やはり生活習慣を整えることが求められます。またホルモン療法を行うことも効果的です。それ以前に食品からホルモンに似た構造をしている成分を摂取するのも良いです。

 

 

ホルモンバランスを整える方法

ホルモンバランスを崩すと実に色々な症状が出てきます。

 

生理周期の乱れ、無月経、むくみ、生理痛、頭痛、肌荒れ、抜け毛、めまい、胃腸障害、体重増加、情緒不安定、鬱、だるさ、集中力低下などいわゆる心身全体が不調となります。

 

単なる体調不良だと思い込み、何も対処せずに放っておくと症状は悪化します。
熱が出るなどの分かりやすい症状では無い為、なかなか対処方法が分からないと放っておく人も多いのですが、早めにホルモンバランスの乱れであることに気づき、生活習慣を見直すことが必要です。

 

ホルモンバランスを整える方法は一つではありません。薬を服用するとすぐに治るものでもありません。基本的な生活習慣全体を正すことが大切なのです。

 

早寝早起き、適度な運動、ストレスを溜めないように工夫する。そして栄養豊富な食生活を送ることです。

栄養が不足するとホルモンバランスは崩れます。現代は飽食の時代なので栄養不良になることはないと思われがちですが、添加物が多い加工食品を摂取すると体内のビタミンミネラルが消費されてしまうために、どんどん体内の栄養が奪われてしまいます。

 

コンビニの食品やファーストフードをよく食べることも同じです。糖質脂質が多く含まれており栄養バランスが悪くなり、満腹になったとしても栄養は足りていません。
単にお腹を満たす食べ物を選ぶのではなく、栄養がたっぷり摂取できるような食生活を送ることが大切です。その上でサプリメントを摂取することで栄養バランスを取ることも良い方法です。

 

食生活改善はホルモンバランスを整える効果は高いものです。
そして早寝早起きは自律神経を整えるためにも重要です。自律神経とホルモンバランスは切っても切れない関係です。自律神経が乱れるとホルモンバランスが乱れ、ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れます。

 

夜遅くにスマートフォンやテレビを見たりするだけで脳神経が疲労して深い睡眠を妨げ、自律神経が乱れます。

夕方以降は明るい光を避け、早起きして朝日を浴び、簡単なストレッチをする、これらは健康的で自律神経もホルモンバランスも整えることが出来ます。

 

多忙な現代人は難しいことかもしれませんが、健康な心身をはぐくむことは充実した人生を送るためにもとても大切なことです。
ストレスも健康に害があります。ストレスを全く無くすことは難しいですが、上手に気分転換する方法を見つけておくとホルモンバランスが乱れることを防ぐことが出来ます。