ホルモンバランスの改善に良い生活習慣

女性はホルモンバランスに左右されやすく、とても密接な関係にあります。ホルモンバランスが乱れるとPMSの症状があらわれたり自律神経の乱れが起きたり、腹痛があったりと心身に不調をきたすため、なるべく生活習慣から改善していくといいと考えられます。また、ストレスや冷えでもホルモンバランスは乱れやすくなるため、ストレスはなるべくためないようにし、体は夏でも常日頃から温めておくことが大前提となります。それ以外の方法としては、まずは食事に気をつけましょう。サプリメントを飲むのも期待ができますが、その前にきちんとした食生活を続けていくことが大切となります。伝統的な和食は健康にも女性の体にもいいとされています。和食を毎日作るのは大変というかたは、コンビニのお弁当などをなるべく避けるようにし、肉と魚、野菜をバランスよく食べるようにしましょう。また、既にホルモンバランスが乱れていると感じている人は、大豆製品やビタミン類、マグネシウムを含む食材を摂取するようにすると、緩和されていくと考えられます。食事のほかには、睡眠がホルモンバランスにとってとても大切だと言われています。女性ホルモンは睡眠中に分泌されますので、寝不足はホルモンバランスの乱れの原因になります。良質な睡眠を毎日とることで体は整っていきますので、なるべく7時間から8時間は睡眠時間を確保しましょう。睡眠の質を向上させるために寝具を変えてみるのもひとつの方法となります。その他にも、入浴や体を軽く動かして血流をよくすることも大切です。血行不良はさまざまな病気を引き起こしますので、なるべく血行促進を心がけ、冷えに困っているかたはお腹を温めるように意識してみましょう。ポイントはバランスのとれた食生活と質の良い睡眠、軽い運動などで血行促進を促すことです。それでも改善されないという場合は、婦人科を受診し医師のアドバイスを受けてみるのもおすすめとなります。