ホルモンバランスを整える方法いろいろ

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなど、そのままにしておけばホルモンバランスが乱れる原因となります。乱れてしまったホルモンバランスを戻すにはいろいろな方法があります。まず基本となるのは規則正しい生活習慣です。生活習慣を正すことで乱れていたホルモンバランスも整えることができます。睡眠不足を改善するのも大切です。睡眠中に分泌されるホルモンは疲労を回復させ、新陳代謝を行う成長ホルモンの他に、性ホルモンの一つであるプロラクチンや、睡眠誘導の効果があるメラトニンなど、様々なホルモンが分泌されています。睡眠中に私たちの体は修復作業を行っているのです。偏った食生活の改善も効果的です。ジャンクフードや、肉中心の野菜が不足している食生活を続けるとホルモンバランスが乱れ、疲れやすくなったり、イライラしやすくなったり、生理不順を招くこともあります。女性ホルモンと同様の働きをすることで有名な大豆イソフラボンを積極的に摂取すること、また、女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6、ビタミンEも合わせて摂取することで効果が高まるでしょう。ビタミンB6はマグロ・かつお・レバー・ナッツ類に、ビタミンEはアボカド・うんぎ・かぼちゃなどに多く含まれているので普段の食事に積極的に取り入れていきましょう。日頃運動不足の方は軽い運動も自律神経を刺激し、効果的です。ただし、休む時はきっちり休みましょう。メリハリのある生活が重要です。喫煙やアルコール類の摂取もあまりよくありません。喫煙は卵巣の働きを悪くさせ、大量の飲酒を長期的に続ければホルモンbランスが乱れから、生理周期の乱れ、閉経の時期も早まるとの報告もあります。体だけじゃなく脳にも休息は必要です。ホルモン分泌は脳の指令によって行われていますが、ストレスに対して非常にデリケートです。ストレスを感じるとホルモンを分泌する指令がうまく出せなくなってしまいます。このように、ホルモンバランスの乱れを整えるには、規則正しい生活習慣や、十分な睡眠時間、リフレッシュできるような時間を持つことで、改善されていくのです。